教育ローン活用方法

教育ローン活用方法

教育ローン活用方法 子どものいる生活は楽しいものです。
我が子が誕生して、その腕に抱いた瞬間は、人生の中でももっとも喜ばしく記憶に残る思い出になります。
子どもの成長は親の喜びでもありますが、子供が育ってくるにつれ、頭を悩ますのは、教育費の問題です。
ある試算では、幼稚園から大学まですべて国公立に進ませたとしても、教育費は約1000万円かかると出ています。
もし、幼稚園から大学まですべて私立で、大学で理系を選択した場合には、倍以上の約2200万円がかかるとの計算です。
できれば子どもには全て国公立でと考えていても、子どもの才能や資質を伸ばすために、私立を選択するようになるかもしれません。
別の調査結果では、家計の中で教育費が占める割合は、3割を越えているということです。
大きな出費となる教育費に備えるためには、どのぐらいの費用が必要か考えて、計画的に備えることが大切です。
教育費で一番お金がかかるのは、入学時期です。
しかし、子どものために教育費として貯蓄していても、その金額を全て入学時に使用してしまっては、その後の生活に支障が出る場合もあります。
不慮の事故や怪我などが起こったときには、思わぬ支出があることもあります。
こうした事態に備えるためにも、教育ローンを上手に活用したいものです。
子どもが複数人いる場合には、入学時期が重なることが多く、入学までの塾代などで教育費の膨らむ時期があります。
こうした短期的に教育費が膨らむ時期を乗り越えるときにも教育ローンは力になります。
低金利の教育ローンは、自動車ローン、マイホームローンなどと同じように捉えて考える必要があります。
住宅ローンも一括で現金払いするよりも、低金利の今、ローンを使ったほうがお得なこともあります。
国や銀行、郵便局、JAなどさまざまな機関が教育ローンを扱っています。
教育ローンも同じように考えて、目的や用途、返済方法などを考えて、自分の生活にあったものを比較検討して選ぶようにしましょう。