教育ローン活用方法

税金控除を受ける

教育ローン活用方法 年末調整では1年の様々な費用を控除してもらうことができますので、よくその仕組みをしって活用することが重要です。
一般的に知られてはいますが、住宅ローンも年末調整で控除をうけることが可能になっています。
年末のローン残高に所定の率をかけた金額が、所得税から控除されるというのがその内容ですが、控除限度額の方が実際の所得税よりも多ければ所得税額まで控除をうけることが可能です。
なお所得税が減ったために、住宅ローン控除を控除しきれなかった場合には、住民税から控除できる措置があります。
以前ではこの住民税から控除してもらうために手続きや申請が必要でしたが、平成22年から住民税からの控除に手続きがいらなくなり、今では確定申告をすることにより、住民税からの控除が自動的に行なわれることになっています。
給与収入のみで前年に住宅を取得した場合には初年度の確定申告が必要になりますが、年末調整で住宅ローン控除を受けている場合には勤務先から提出される給与支払報告書で住民税からの控除もおこなわれることになっていますので、余計な手続きがいらなくなっています。
ほかにも生命保険や様々な費用が控除対象になることがありますので、確定申告や年末調整の前にはもう一度抜け落ちがないかを調べてみると良いでしょう。
確定申告書は難しいと思っている方も少なくありませんが、国税庁の確定申告書作成コーナーなどには助けになるツールなどもありますのでそれらを参考にすると良いでしょう。
サラリーマンの場合には会社が所得税を徴収し、国に納めてくれますので、直接納税にいかなくても良くなっています。
給与などの支払額、社会保険料(厚生年金や健康保険の保険料)の支払額、扶養親族の人数などによって給料から天引きされている場合がほとんどですので、明細書をよくみると、実際にどのような費用が発生しているのかを知ることができます。
サラリーマンの場合は会社の経理などが代わりに対策をしてくれますのでそこまで問題はありませんが、自営業などの場合、住宅ローンや生命保険などの費用が控除対象になるということを知らないとだいぶ損をしてしまうことがあります。
それでどのような費用が税金控除対象になるのかを事前に調査していくようにするとよいでしょう。
国税庁のサイトや確定申告について詳しく取り上げているホームページがありますので、それらを見るだけでもだいぶ知識を得ることができます。