教育ローン活用方法

キャッシングとカードローンについて

教育ローン活用方法 キャッシングとカードローンは同じように思っている方もいるようですが、異なる金融商品です。
キャッシングというのは、翌月一括払い返済のキャッシングのことを指し、「カードローン」はリボルビング返済のキャッシングのことを意味しています。
大抵の場合、貸付利率はキャッシングのほうが高い場合がほとんどです。
しかしクレジットの場合、マイカー購入、教育など利用目的に応じて優遇金利を提供するカードローンがある場合が多いといわれています。
ちなみにこれらのキャッシングは多重責務などの問題の原因となってきたため、2010年6月18日から改正貸金業法が完全施行されるようになり、複数の貸金業者間で顧客の借入情報が共有されることになっています。
またこの制度によって、自社で50万円超の貸付及び他社を含めて100万円超を貸す場合に、年収証明書の提示を求めることが義務付けられるようになりました。
ちなみに「総量規制」という規制がありますので、担保ローンの総借入残高は年収の3分の1以内となっています。
もちろん自動車ローンや住宅ローン、高額医療費の借入など高額な借入は別になっていますが一般のローンはだいぶ規制されています。
クレジットカードのATMによるキャッシング利用・返済に関しても改正がなされ、ATM利用手数料(利用1回当り、利用金額1万円以下は105円、利用金額1万円超は210円)かかるようになりました。
このような変化があったキャッシングとクレジットカードですが、クレジットカードで人気なのはどの会社なのでしょうか。
いくつかありますが、なかでも人気があるものとしては三井住友VISAカード・エブリプラスがあります。
ここではポイント高還元の自由払い型であるのが特徴で年会費無料になっているので負担がないというのもうれしいポイントです。
割安年会費で注目されているのが新生アプラスゴールドカードですが、このカードには空港ラウンジサービスや国際線手荷物無料宅配サービス(往復時)などのサービスがあるのがメリットになっています。
ほかにもセゾンカードインターナショナル、OMCハローキティカード、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードなども支持されています。
加えて人気のあるローンカードですが、クレジットカード(VISA)としても利用可能なSMCCローンカード「エブリ」、200万円の借入限度額をもつプロミス、オリコ、レイクなどが有名でしょう。
ちなみにローンカードの場合、年会費はありません。

オススメのサイト