教育ローン活用方法

法人カードの種類

教育ローン活用方法 法人カードと呼ばれるビジネスローンにはさまざまな種類があり、どの会社を利用するか迷ってしまうことがあるかもしれません。
ビジネスローンを扱う金融業者といってもノンバンク系と銀行系があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。
ノンバンクというのはいわゆる為替や預金を扱っていない金融業者のことですが、申込みのタイミングによっては即日で融資が実行される業者もあり手軽に利用できるという点ではかなり注目されています。
しかし便利な反面、金利が高くなっているのがデメリットだといえるでしょう。
銀行系はノンバンクよりも金利が低いというメリットがありますが、審査に時間がかかるというのもひとつのデメリットですし、手続きなども多くなってしまうのが難点です。
このようなメリットとデメリットをよく考えてノンバンク系にするか銀行系にするかを決めることが必要です。
では銀行系ではどこの会社が人気になっているのでしょうか。
いくつかありますが、人気トップクラスに入るのが三菱東京UFJ銀行です。
金利が4.6~14.6%と銀行系でもトップクラスの低さをみせています。
ほかにも金利が4.9~14.5%の楽天銀行、そして180日間無利息というメリットがあるのがレイクです。
ではノンバンク系で注目できるのはどのような会社なのでしょうか。
30日間無利息というサービスと3秒診断が注目されているのがプロミスです。
利息も6.3~17.8%になっていますので、銀行系とほぼ同じような金利で借りることができます。
毎回無利息期間が7日間あるという点がうれしいノーローンも人気です。
初回のみの無利息期間サービスをしている会社はいくつかありますが、毎回借りるたびに無利息期間があるものは多くありませんので、その点でもノーローンは特別だといえるでしょう。
このようにビジネスローンにはさまざまな種類がありますので、自分の必要に合わせて使うと良いでしょう。
ノンバンク系の場合には最初だけ金利がかからない場合もあります。
それで借り入れを行う際には、金利のかからない時期に返せるように計画的に借入を行うようにしましょう。
また上記のような金融機関の場合は問題ありませんが、なかには高い金利の消費者金融などもあります。
たしかにビジネスなどで急にまとまった金額が必要になる場合がありますが、短期的なメリットばかり考えていると失敗してしまうこともありますので、よく返済計画なども考えてから利用されると良いでしょう。